【注意】その猫のクラウドファンディング、大丈夫?

 

にほんブログ村 猫ブログへ

 

コルメル

こんにちは、コルメルです

先日、猫のクラウドファンディングについてのツイートが話題になりました。

正直に言うと猫のクラウドファンディングについては私も変だなと感じることが以前からあり、ずっとモヤモヤしていました。勿論まともな方がほとんどなので一部の人の話です。

 

実際にクラウドファンディングのサイトで調べてみました。

※画像は検索して1ページ目に出てきたプロジェクトです

特に多かったのは

①「猫を保護したけどお金がないので支援してほしい」

②「猫が病気になり治療費が払えないので支援してほしい」

上記の二つです。

それぞれ猫のクラウドファンディングについて考えてみようと思います。今まで馴染みがなかった方も、この記事を読んで考えるキッカケになっていただければ嬉しいです。

①「猫を保護したけどお金がないので支援してほしい」

お金がないなら猫を保護するのはやめましょう。目の前に可哀そうな猫がいたら救ってあげたい気持ちは痛いほど分かります。猫を助けることも素晴らしいことです。しかしお金がなければ人も猫も誰も幸せになりません。

獣医さんから聞く話で、ケガをした野良猫を保護したから診察してほしいと言う人がたまに来るそうです。そして治療をしたら、「私がお金を払うの?」とか「私が連れて帰るの?」という人がいるようです。

保護した時点で命の責任を負うのは自分自身です。

猫専門病院「東京猫医療センター」の院長、服部幸先生は以下のようなメッセージを発信しています。

服部先生からのメッセージ
「捨てられている猫を見つけて保護したくなる気持ちはわかりますが、手を差し伸べるということは、その生命に責任を持つということです。安易に可哀想だからと手を出してしまうと、最終的に猫も人も周りの人も、みんなが不幸になってしまいます。ひとつの命の責任を負うということは、愛情だけでなく時間もお金も必要です。一生懸命育てて、病気になって病院へ連れていき、最後を看取るまで、責任をもって育ててあげなくてはなりません。保護するということは、自分がそれらすべてを背負うということです。」

②「猫が病気になり治療費が払えないので支援してほしい

数百万単位のお金が必要な場合、それを用意することが難しいのは分かりますし、支援を否定するつもりはありません。しかし厳しい言葉かもしれませんが数十万単位の治療費も払えないのなら猫を飼うべきでないと考えています。そのくらいの覚悟が必要でないと、無責任な猫の飼育が増える一方です。

最近ではコロナの影響でおうち時間が増え、ペットを飼う人が増加しています。しかし犬猫の保護活動をしているNPO法人によると「思っていたよりお金がかかった」「手間がかかった」という身勝手な言い分で飼育放棄をする人が後を絶たないそうです。

特に猫は腎臓病になりやすく、アニコム損保によると慢性腎臓病の年間平均診療費は272,598円になるそうです。その他にも膀胱炎や尿路結石などといった病気になりやすく、何度も通院するうちに治療費が高額になることは決して珍しいことではありません。(参考:アニコム損保、猫に多い病気とその診療費について)

話を戻すと、問題なのはクラウドファンディングありきの治療になっていないかということです。多くの飼い主様は「頑張ってお金を稼いでいるけれど、どうしてもお金が足りない」と支援を募集していると思います。しかし中には「お金はないけどクラファンで集めればいいや」という考えの人がいます。

初めから人の善意に頼るのではなく、家族である猫の命にもっと責任を持ちましょう。

もし支援が集まらなかったらその猫ちゃん、どうしますか?

猫のクラウドファンディングについてのリアルな声

私は批判も覚悟でこのツイートをしました。


ですが予想以上に共感してくださる方がいて、皆様やはり同じことを思っていたのだなと感じました。ちなみにフォロワー様は減るどころか増えました。

頂いたリプライを紹介します。

猫のクラウドファンディングについては考えさせられることが多いですね。

まとめ

猫の保護は責任重大です。お金がないのなら猫は保護しないように。お金がなければ猫も人も誰も幸せになりません。そしてクラウドファンディングありきの保護や治療費の支援募集はやめましょう。第一に自分の愛猫の命は自分が責任を持つこと。

また最近では人の善意を利用した詐欺も横行しているので注意しましょう。他の猫の治療明細書を悪用、捏造して治療費の募集をする人がいるようです。支援する場合は、しっかりとその人のことを調べることが大切です。

この記事で少しでも猫のクラウドファンディングについて考えていただけたら幸いです。
 
 


 
激☆写  
☆いつもありがとうございます。応援のクリックお願いします☆
にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA