【犬猫】ペットの飼育にかかる費用は?

にほんブログ村 猫ブログへ

 

 

こんにちは、コルメルです!

今回の記事はネコちゃんやワンちゃんなど、ペットを飼育する上で大切だと思っていることを書きました。
ぜひ最後まで読んでもらえたら嬉しいです✨

 

ペットの飼育はお金がかかる

ペットを飼う上で大事なことは沢山あります!

例えば

  • ペット飼育可能な住環境か
  • 家族の賛同は得ているか
  • 日常的に世話ができるか
  • 動物の特性を理解しているか
  • 動物アレルギーはないか
  • ペットの寿命まで飼育できる覚悟はあるか
  • 万が一飼えなくなった時、代わりに飼育できる人はいるか

 

どれも大切なことですが、その中でも経済的に余裕があるか?という話は見て見ぬ振りできないことだと考えます。

これを聞いて「お金がなかったらペットを飼えないなんて当たり前でしょ」と思ってる方が大半でしょう。でもこの当たり前を軽視してる人がもの凄く多いです。現に経済的な理由で飼育放棄をしている人が後を絶ちません。

 

【平均年間支出】猫は16万円、犬は30万円

ペット保険を取り扱うアニコム損害保険株式会社が2019年に調査した結果によると、ペットにかける年間平均支出は猫約16万円、犬では約30万円となっています。
※あくまで平均値のため一部の支出が多い人が平均を押し上げている可能性はあります

私は猫2匹飼育で年間約10万未満の感覚なので、平均は結構高いな〜と感じました。

猫の平均寿命16歳・犬の平均寿命14歳として計算すると

一生を通して猫は約256万円、犬は約420万円ほどかかると推測できます!

 

費用の主な内訳は下記の通り

  • フード・おやつ代
  • 治療費
  • 保険料
  • ペットホテル
  • 日用品
  • しつけ・トレーニング
  • 首輪・洋服
  • シャンプー・カット・トリミング
  • 防災用品
  • 飼育に伴う光熱費

 

中でも「フード・治療費・保険」は犬猫ともに費用が高い項目のようです。

もちろん各ご家庭によって何にお金をかけるかは変わってきますが、最低限の費用はかかるということを認識しましょう。爪とぎやオモチャにもついお金を使ってしまいますよね(私のことです😼)

お金を貯める為の具体的な解決策も今後記事にしていこうと思います!

 

最後に

私はペットにお金をかけることは愛猫や愛犬に「愛情」「幸せ」を与えることだと思っています。皆さまはどう思いますか?

 

 

☆いつもありがとうございます。応援のクリックお願いします☆
にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA